住宅情報

2017年度フラット35利用者調査 住宅金融支援機構

注文住宅の割合が減少 中古マンション、建売住宅、中古戸建の割合増加した

住宅金融支援機構は7月13日、2017年度フラット35利用者調査の詳細について公表した。

2017年度は、中古マンション、建売住宅、中古戸建の構成比が増加し、注文住宅の構成比が減少した。

今回、調査開始以来、初めてマンション購入者の1割超が60歳以上となり、50代を加えた割合は4分の1を超えることが分かった。

融資区分別でみた年齢の構成比は、中心的な利用年齢層である30歳代が中古マンションを除き減少している一方で、50歳代以上の割合は全体に増加していることが分かった。

日本住宅新聞提供記事(平成30年8月5・15号)
詳しくは、日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp


広告

スポンサーサイト

新着情報

お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551