住宅情報

建設労働需給調査 8職種で1.7%の不足

国土交通省が10月25日に公表した建設労働需給調査結果(令和元年9月調査)によると、全国の過不足率の状況は型わく工(土木・建築)、左官、とび工、鉄筋工(土木・建築)、電工、配管工の8職種全体で1.7%の不足率となり、特に鉄筋工(建築)で3.9%と不足率が大きい。

8職種全体では7月に比べ0.1ポイント不足幅が縮小した。


瑕疵保険制度施行10年 雨水浸入事故対策など提言

工務店など、新築住宅の売主等が瑕疵担保責任を履行するための資力確保措置を義務付けた「住宅瑕疵担保履行法」(特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律)が、この10月に全面施行から10年を迎えた。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551