住宅情報

暖かい家に住む人は外出も増える

住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査

断熱改修を予定している住宅を対象にして、居住者の血圧や身体活動量などを、改修の前と後で調査・比較することで、住宅の温熱環境と健康の関係を検証している日本サステナブル建築協会の「スマートウェルネス住宅等推進調査委員会」(村上周三委員長)は2月18日、全国調査第4回報告会を東京都内で開催した。


リフォームも人材不足が課題として浮き彫り

リ推協 2019年度住宅リフォーム事業者実態調査

(一社)住宅リフォーム推進協議会(リ推協、國井総一郎会長)は2月26日、2019年度の住宅リフォーム事業者実態調査をまとめた。

回答事業者(2770社)の業種(複数回答)はこれまでの調査と同様、「工務店」の割合が最も高く、60.77%を占めた。


応急仮設「談話室」建設演習/全木協・福岡

全国木造建設事業協会(全木協)では昨年11月24日に国土交通省補助事業「木造応急仮設住宅建設演習」を福岡県福岡市で開催した(弊紙では昨年12月5日号3面にて掲載)。

今回は、「木造応急仮設住宅談話室建設演習」を2月22日に福岡県福岡市で行った。


建設業約6割が2020年度に賃金改善を実施

民間調査会社の帝国データバンクが2月17日に発表した『2020年度の賃金動向に関する企業の意識調査』によると、2020年度の賃金改善が“ある”と見込んでいる企業は4年連続で5割を超えた。

業界別では「建設」が57.9%でトップとなった。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551