最新情報

住宅業界最新情報を配信中!

CCUSと能力評価制度のワンストップ化を推進

首都圏建設産業ユニオンは、地域工事店の新戦略やこれからの時代の職人育成などをテーマに「第16回経営セミナー」を10月29日に実施した。

同建設ユニオンは、建設キャリアアップシステム(以下:CCUS)と能力評価制度の経過などを報告。


安全帯「旧規格」の使用 2022年1月1日まで

建設業などの高所作業で使用される胴ベルト型安全帯は、墜落時に内臓の損傷や胸部などの圧迫による危険性が指摘されていた。

また、国際規格などでは、着用者の身体を肩や腰や腿などの複数箇所で保持するフルハーネス型安全帯が採用されている。


室温18℃以上かつ 湿度40%以上に維持が重要

世界保健機構(WHO)は、住宅における健康上の負担の軽減に向けて暖かい室内環境が実現することを求めている。

こうした中、最新のエビデンスを取りまとめた住まいと健康に関するガイドラインを2018年11月に発表。


国産は、原木求めて遠方へ 輸入は中国産LVL多い

国内針葉樹合板を取り巻く状況は以前にも増して逼迫しており、先が見えない状況が続いている。

合板メーカーは原木の購入が近場では困難なことから遠方にも出向いており、原料確保を焦る様子が読み取れる。


「フラット35」の利用率が前年度より減少する一方、「銀行等の民間ローン」の利用率は増加

(一社)不動産流通経営協会は、「2021年度不動産流通業に関する消費者動向調査」を実施し、その結果を10月28日に発表した。

同調査は、居住用不動産取得者の取得行動、種々のサービスなどの利用実態・評価を時系列把握することで、不動産流通に対する消費者の行動を捉えることを目的としたもの。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551