最新情報

住宅業界最新情報を配信中!

建築士の登録要件見直しで告示・省令改正案

建築士試験で実務経験が「受験要件」となっている現行制度の規定を見直し、この要件を「免許登録要件」に変更することで、試験合格後に実務経験を経て免許登録することを可能にする改正建築士法が、昨年12月8日の臨時国会で成立した。


合板関係資料

制度改正など踏まえ、新たな知見や現場の声を反映

日本合板工業組合連合会では、制度改正等に伴って、各種マニュアルや資料を、実際に利用する工務店・ビルダー、設計事務所等の意見・要望を反映させながら、順次改訂を進めている。


木材価格市況

東海材担当者、内・外装への木材利用に手ごたえ

「6月はスギ、ヒノキともに注文材が良く動き、デッキや板塀の申し込みも多かった。木を使おうというムードがある」、7月3日東京・新木場の木材会館で開かれた東京木材問屋協同組合・木材価格市況調査委員会で、東海材担当者は内・外装への木材利用に手ごたえを感じると報告した。

またプレカット工場では非住宅物件の加工が増えており、「戸建て住宅の構造用」以外の木材利用は着実に増えてきた。


サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)の第2回提案募集

国土交通省は今年度の支援対象事業(「省CO2先導プロジェクト2019」)の選定に向け、8月2日から9月18日まで、企画提案の募集を開始する。

また、8月5日より全国2会場で事業者向け説明会を開催する。


東京合板卸売実勢価格7月17日調査

直需と問屋向けで荷動きに温度差

国内針葉樹合板の荷動きは全体的には好調と言えるものの、直需・プレカット向けと問屋向けでは明らかに温度差が感じられる。

問屋向けは盛り上がりに欠けており、最大手メーカーによる6月の値上げに伴う仮需の発生も起きていない。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551