最新情報

住宅業界最新情報を配信中!

12月着工/持家・分譲は依然として増加傾向

国土交通省が1月31日に公表した昨年12月の新設住宅着工戸数は、78,364戸(前年同月比2.1%増)で前月の減少から再び増加した。

7月以降増減の繰り返しが続いている。持家と分譲住宅は増加が続いているが、貸家は4カ月連続の減少。


安全帯の規格を改正 

「墜落制止用器具の規格」を告示

厚生労働大臣は、労働者の墜落を制止する器具(墜落制止用器具)の安全性の向上と適切な使用を図るため、「安全帯の規格」(平成14年厚生労働省告示第38号)を改正し、1月25日に「墜落制止用器具の規格」(平成31年厚生労働省告示第11号)として告示した。

新規格は、平成30年6月に公布された関係政省令等の施行日と合わせて、2月1日に施行。施行日以降に製造・使用される墜落制止用器具は、原則として新規格に適合する必要がある。


乾燥が続く中、建設現場で相次ぐ火災

住宅の現場でも防火の徹底を!

東京都内の建築工事現場で、今年に入り火災事故の発生が相次いでいることから、厚生労働省東京労働局は2月6日、「建設現場における火災による労働災害防止対策の徹底に向けた臨時会議」を開催。

建設業労働災害防止協会(建災防)東京支部と、都内で大規模建設現場を施工する大手建設事業者23社に対し、火災による労働災害防止のための総点検の取り組みを要請した。


哲学者・内山節氏インタビュー(前編)

魅力ある職業には人は集まる

建設業の人手不足が深刻な状況で、住宅の現場にも影響が表れている。

新たな外国人の在留資格制度が4月からスタートする予定だが、一方で高齢化は今後も進み、若年層の入職者をどのように増やしていくのかが、住宅・建設業の最大の課題となっている。


住宅用太陽光からの火災発生に注意

「鋼板等なし型」は出火の可能性

消費者庁が1月28日、住宅用太陽光発電システムの使用者に対して、システムからの火災発生の危険を訴え、注意点をまとめ公表した。

消費者安全調査委員会がまとめた事故原因の調査報告によると、モジュールをルーフィング上に直接設置するタイプでの火災発生が多く、モジュールの裏面に鋼板等の不燃材料が貼ってあっても、挟み込まれたケーブルから発火した場合にはルーフィングや野地板への延焼の可能性が考えられるという。

太陽光で発電した電気を売電している場合には住まい手も事業者として点検等の義務を負っているため、火災発生の危険性が無いか、確認することが求められる。

ただし、住まい手は専門家ではないため、実際にはシステムの設置事業者や工務店が点検することになる場合も多く、地場工務店も注意が必要だ。



日本住宅新聞提供記事(2019年2月5日号)
詳しくは、NJS日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp



お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551