最新情報

住宅業界最新情報を配信中!

10連休で商況にも影響が

東京材木商協同組合相場調査委員会

東京材木商協同組合相場調査委員会は4月23日に木材の標準価格について調査、発表した。

それによると4月の商況は「やや悪い」から「悪い」が大半だった。

調査委員会の各委員は5月も同様の商況ではないかと予測しており、新天皇陛下即位による10連休の影響は大きいようだ。


断熱リフォーム支援事業の公募開始

「断熱リノベ」と「次世代建材」

環境共創イニシアチブ(SII)は5月13日、本年度の「高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)」と、「次世代省エネ建材支援事業(次世代建材)」の公募を開始した。

「断熱リノベ」は一定の省エネ効果(15%以上)が見込まれる高性能建材(断熱材、ガラス、窓)を用いた断熱リフォームを補助するもので、戸建住宅は窓のみの改修も選択可能。

また、戸建住宅は蓄電システムや蓄熱設備も対象になる。


FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)を抜本見直し

経済産業省の総合資源エネルギー調査会「再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会」(山地憲治委員長)は4月22日、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の抜本的な見直しに向けた検討をスタートした。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551