最新情報

住宅業界最新情報を配信中!

建設労働需給調査/8職種で1.5%の不足

国土交通省が1月27日に公表した建設労働需給調査結果(令和元年12月調査)によると、全国の過不足率の状況は型わく工(土木・建築)、左官、とび工、鉄筋工(土木・建築)、電工、配管工の8職種全体で1.5%の不足率となり、特に型わく工(土木)と、とび工で2.6%と不足率が大きい。


住宅産業塾が新春セミナー2020を開催

住宅産業塾(長井克之塾長)は1月24日、新春セミナー2020を東京都内で開催し、魅せる現場コンテスト2019の表彰式を行った。

審査の結果、総合最優秀賞は㈱小河原建設(東京都中野区)、円建創㈱(島根県松江市)、ou2㈱(東京都江東区)の3社が受賞。


墜落・転落の死亡者数減少も、事故型別では依然として最多

厚労省令和元年労働災害発生状況速報値

厚生労働省は1月17日、2019年1~12月の労働災害発生状況調査結果(速報値)を公表した。

建設業の死亡者数は前年から40人減の246人(14.0%減)で、2年連続で減少。

ただし、全死亡者数の産業別の割合では、建設業は32.2%で最も多くを占めている。

また、休業4日以上の死傷者数は前年から207人減の1万3813人(1.5%減)で、3年ぶりの減少となった。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551