政策・補助金等

地域型住宅グリーン化事業 「省エネ改修型」を新設

グループの取組重視 年度途中で先着順に移行

国土交通省はこのほど、2019年度の地域型住宅グリーン化事業について、運用方針を公表した。

2019年度は、経験の乏しい工務店の同事業活用を促進するため、グループでの取り組みの強化を打ち出したのが特色。

また、既存住宅の省エネ性能向上を図ることを目的に、「省エネ改修型」も新設する。


高齢期に備えた改修ガイドラインを公表

高齢期を健康で快適に過ごすため、国土交通省はこのほど、早めに住まいを改修するメリットと配慮すべきポイントを取りまとめた「高齢期の健康で快適な暮らしのための住まいの改修ガイドライン」を作成した。


中小事業者の時間外労働改善を支援

厚生労働省は、労働時間の縮減に取組む中小企業・小規模事業者を支援する「時間外労働等改善助成金」を2019年度は拡充して実施する。

▽時間外労働上限設定コース、▽勤務間インターバル導入コース、▽職場意識改善コース――を設け、①就業規則の作成・変更②労務管理担当者・労働者への研修③外部専門家によるコンサルティング④労務管理用機器等の導入・更新⑤労働能率の増進に資する設備・機器の導入・更新⑥人材確保に向けた取り組み――等に対して助成する。



日本住宅新聞提供記事(2019年3月25日号)
詳しくは、NJS日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp



お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551