政策・補助金等

変化する居住ニーズに応じた先導事業を公募

国土交通省は5月22日、「人生100年時代を支える住まい環境整備モデル事業」の募集を開始した。

ライフステージに応じて変化する居住ニーズに対応して、高齢者、障害者、子育て世帯など、誰もが安心して暮らせる住環境の整備を促進するため、民間事業者等による先導的な事業を公募・支援する。


断熱リフォーム支援事業の公募開始

「断熱リノベ」と「次世代建材」

環境共創イニシアチブ(SII)は5月13日、本年度の「高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)」と、「次世代省エネ建材支援事業(次世代建材)」の公募を開始した。

「断熱リノベ」は一定の省エネ効果(15%以上)が見込まれる高性能建材(断熱材、ガラス、窓)を用いた断熱リフォームを補助するもので、戸建住宅は窓のみの改修も選択可能。

また、戸建住宅は蓄電システムや蓄熱設備も対象になる。


FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)を抜本見直し

経済産業省の総合資源エネルギー調査会「再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会」(山地憲治委員長)は4月22日、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の抜本的な見直しに向けた検討をスタートした。


建設経済レポート 特に大工の減少幅激しいと推計

(一財)建設経済研究所はこのほど、建設技術者数と技能者数の、2030年度までの需給ギャップを推計し、「建設経済レポート」としてまとめた。

生産性が2015年実績のままの場合、建設業のすべての産業で技術者不足が発生し、2030年に最大約7万6300人にのぼると推計。


建築BIM推進会議を設置

分野の設計等で普及拡大が期待されているソリューションの一つ“BIM”。

Building Information Modeling(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の略で、コンピューター上に作成した主に3Dの建物のデザイン情報に、部屋の名称や面積、材料・部材の仕様・性能、コストや仕上げ、管理情報などの属性データを追加したもので、設計、施工、維持管理までのあらゆる工程の情報を総合したシステムだ。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551