政策・補助金等

マイホーム購入をお考えの皆様へ 住宅ローン減税の控除期間が3年間延長されます!

~平成 31 年度税制改正 消費税率引上げを踏まえた住宅取得対策~

本日(12/14)、平成31年度与党税制改正大綱において、来年10月に予定されている消費税率10%への引上げ後の住宅購入等を支援するため、平成31年10月1日から平成32年12月31日までの間に入居した場合を対象に、住宅ローン減税の控除期間を3年間延長(建物購入価格の消費税2%分の範囲で減税)することとされました。
(今回の税制措置は、今後の国会で関連税制法案が成立することが前提となります。)

1 背景

住宅投資は内需の柱であり、消費税率引上げによる駆け込み需要とその反動減が生じた場合に経済に与える影響が大きいと考えられます。
消費税率の引上げに際して、住宅についても、来年 10 月 1 日以降の購入等について、メリットが出るよう施策を準備するという政府の方針に沿って、需要変動の平準化、景気変動の安定化のために必要となる対策について、税制措置及び財政措置を含めた総合的かつ十分な対策を検討してきたところです。
今回はこのうちの税制措置について、平成 31 年度与党税制改正大綱において以下の通りとされたところです。

2 税制措置の概要

消費税率 10%への引上げ後の住宅購入等を支援するため、住宅ローン減税が拡充されます。
○現行の住宅ローン減税について、控除期間を3年間延長(10 年→13 年)。
○適用年の 11 年目から 13 年目までの各年の控除限度額は、以下のいずれか小さい額。
・住宅借入金等の年末残高(4,000 万円※を限度)×1%
・建物購入価格(4,000 万円※を限度)×2/3%(2%÷3年)
※長期優良住宅や低炭素住宅の場合
:借入金年末残高の上限:5,000 万円、建物購入価格の上限:5,000 万円
○消費税率 10%が適用される住宅の取得等をして、平成 31 年 10 月1日から平成 32 年 12
月 31 日までの間に入居した場合が対象。
※入居 11~13 年目についても、所得税額から控除しきれない額は、現行制度と同じ控除限度額(所得税の課
税総所得金額等の7%(最高 13.65 万円))の範囲で個人住民税額から控除。
※入居 1~10 年目は現行制度通り税額控除。

3 その他

○消費税率 10%への引上げ時には、
・すまい給付金の拡充:対象となる所得階層を拡充、給付額も最大 50 万円に引上げ
・贈与税の非課税枠の拡充:非課税枠を最大 1,200 万円から最大 3,000 万円に引上げ
が行われることが既に決定されております。
○財政措置については現在、予算編成のとりまとめに向けて検討しているところです。
○これらの対策により、消費税率 10%への引上げ後の住宅購入等を総合的に支援する方針です。


<国土交通省プレスリリース 2018.12.14 抜粋>
http://www.mlit.go.jp/report/press/house02_hh_000134.html



第1回「長期優良住宅制度の在り方に関する検討会」開催

国土交通省は11月30日、第1回「長期優良住宅制度の在り方に関する検討会」(座長=松村秀一・東京大学大学院工学系研究科特任教授)を開催した。


省エネ基準 住宅への2020年適合義務化見送り(国交省)

住宅・建築物への省エネ基準適合義務化の在り方などを議論している国土交通省の社会資本整備審議会建築環境部会は12月3日の会議で、300㎡未満の小規模建築物や戸建住宅に関して、建築士が設計時に、施主に対して省エネ基準に適合しているかどうか説明を義務付ける制度を創設する方針を示した。

2020年に予定されていた省エネ基準適合義務化は見送る考え。



日本住宅新聞提供記事(平成30年12月5日号)
詳しくは、NJS日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp


CLT外壁の中高層木造ビル実現へ

日本CLT協会など2時間耐火性能を持つCLTの国交大臣認定を取得

(一社)日本CLT協会は東京農工大学、森林総合研究所と共同で日本初の2時間耐火性能を持つCLT(直交集成板)外壁を開発し、11月7日に国土交通大臣認定を取得した。

荷重支持部にCLTを用いた外壁の2時間耐火構造としては日本初の認定取得。

また、間仕切壁についても既認定より耐火被覆の薄い2時間耐火構造を開発し、認定取得したことも発表した。


全国市長会が国に提言

空き家対策促進など求める

全国市長会は11月15日に開催した理事・評議員合同会議で「平成31年度国の施策及び予算に関する提言」をまとめた。

住宅施策に関しては、耐震化の促進や空き家対策の推進等を国に求めた。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551