政策・補助金等

フラット35の対象追加

物件検査で事前確認省略の対象を追加

住宅支援金融機構は4月より【フラット35】の借入対象費用の一部拡充とフラット35(リフォーム一体型)の事前確認を省略できる対象を追加した。

借入対象費用の一部拡充については住宅を建築する場合の項目に建築確認等に関連する各種申請費用を追加。


長期優良住宅化リフォーム推進事業

補助対象事業の公募を開始

国土交通省は既存住宅の性能向上や良好なマンション管理に資する優良なリフォームを支援する「長期優良住宅化リフォーム推進事業」について4月10日より補助対象事業の公募を開始した。


長期優良住宅、住宅性能表示制度と一体的な運用について検討

国土交通省の「長期優良住宅制度のあり方に関する検討会」(座長=松村秀一・東京大学大学院工学系研究科特任教授)は3月27日の会議で同制度を住宅性能表示制度と一体的に運用する案を検討。


2月着工 持家、分譲増加傾向続く。貸家は6カ月連続減少

国土交通省が3月29日に公表した2月の新設住宅着工戸数は、7万1,966戸(前年同月比4.2%増)で3カ月連続の増加となった。

持家と分譲住宅は依然として増加が続いているが、貸家は6カ月連続の減少。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551