政策・補助金等

林野庁、補正予算で非住宅分野の木材消費拡大など支援

林野庁は、非住宅分野の木材製品の消費拡大や木材製品の国際競争力強化のために、加工施設の大規模化・高効率化、新技術の実証等の支援策を展開する。


「怪我は自分持ち」という意識から脱却を

国交省検討会が安全衛生経費の適切な支払いに向け提言

国土交通省はこのほど、建設現場で働く一人親方の安全衛生経費の実態や課題等を把握することを目的に実施したヒアリング結果をまとめた。

元請・注文者との契約に関しては、「書面による契約はなし。金額についてだけ、口頭で伝えられる」「契約書面はなく、安全経費の取り決めもない」といった声が寄せられた。


CCUS(建設キャリアアップシステム)とマイナンバー連携

政府は12月13日の臨時閣議で、本年度の補正予算案を決定した。

5日にまとめた事業規模総額26兆円の新たな経済対策を実行する費用を盛り込んだ。


次世代住宅ポイント制度の実施状況についてお知らせします! (令和元年11月末時点)

国土交通省は12月13日、次世代住宅ポイントについて実施状況を公開した。



以下、国土交通省ホームページより転載記事。

~ポイント発行の申請期間は令和2年3月31日までです。お忘れなく!~

消費税率10%への引上げ後の住宅購入等を支援するため、一定の性能を有する住宅の新築やリフォームに対して商品と交換できるポイントを付与する「次世代住宅ポイント制度」について、令和元年11月末時点の実施状況について公表します。


消費税率10%への引上げ後の住宅購入等を支援するため、一定の性能を有する住宅の新築やリフォームに対して商品と交換できるポイントを付与する「次世代住宅ポイント制度」について、令和元年11月末時点の実施状況について公表します。

1 ポイント申請受付状況について


令和元年11月 累計
(1)新築※ 13,540戸 42,080戸
(2)リフォーム 18,702戸 29,284戸
(3)合計 32,242戸 71,364戸

2 ポイント発行状況について

審査の結果、発行したポイント数及び戸数は下表の通りです。


令和元年11月 累計
(1)新築※ 7,710戸 2,660,694千ポイント 31,355戸 10,898,000千ポイント
(2)リフォーム 3,904戸 202,455千ポイント 8,613戸 414,739千ポイント
(3)合計 11,614戸 2,863,149千ポイント 39,968戸 11,312,739千ポイント

※ 予約申請を含みます。

3 ポイント発行申請期限について

ポイント発行申請期限は令和2年3月31日です。申請期限前であっても、予算額に達し次第終了します。対象となる住宅の契約・着工等の対象期間は下表のとおりです。


  注文住宅の新築/リフォーム 新築分譲住宅の購入 完成済新築
分譲住宅の購入
10% 8% 10% 10%
対象期間 契約日 <工事請負契約>
平成31年4月1日
~令和2年3月31日
<工事請負契約>
平成30年12月21日
~平成31年3月31日
<工事請負契約>
平成30年12月21日
~令和2年3月31日
<不動産売買契約>
平成30年12月21日
~令和2年3月31日
<不動産売買契約>
平成30年12月21日
~令和元年12月20日
建築着工/
工事着手日
工事請負契約日
~令和2年3月31日
令和元年10月1日
~令和2年3月31日
工事請負契約日
~令和2年3月31日
引渡日 令和元年10月1日~ 令和元年10月1日~ 令和元年10月1日~ 令和元年10月1日~

※災害等やむを得ない理由により、年度内に着工することが困難と認められる場合には、令和2年6月30日までです。

4 参考資料

(別添1)次世代住宅ポイント実施状況
(別添2)次世代住宅ポイントの商品への交換状況







詳しくは、国土交通省ホームページにてご確認ください。
http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000910.html


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551