メーカー・資材情報

東京合板卸売実勢価格

年末の在庫確保に不安

国産針葉樹合板は引き合い、荷動きともに活発な動勢が続く。

納期の遅れが相変わらず続き、納品日の目安がつかない状況だ。

台風被害からの本格的な復興は、もう少し時間を要する模様だ。


タルキ良材の玉不足続く

東京材木商協同組合相場調査委員会

東京材木商協同組合相場調査委員会が11月の木材相場予想を発表した。

今回、強保合と予測した委員は赤松材で3人、米栂材で1人、針葉樹合板で2人だった。

一方、W/W材で2人、コンパネと針葉樹合板で1人ずつが弱保合と予測した。


価格動向全て横ばい

国土交通省は10月25日、主要建設資材需給・価格動向調査結果を公表した。

同調査では生コン、鋼材、木材など7資材13品目について、価格、需給、在庫等の動向を調査している。

全国における建設資材の価格動向について全ての資材で横ばいとした。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551