メーカー・資材情報

木材価格市況 米中貿易摩擦のあおりで一部商品値上げ

東京木材問屋協同組合・木材価格市況調査委員9月例会

「中国向けに出荷される予定だったスギ丸太が、能代港で出荷されずに留め置かれている。

米中貿易問題に関連して発生している事象だ」。

9月4日新木場で開催された東京木材問屋協同組合・木材価格市況調査委員9月例会で、出席者から米中貿易摩擦で懸念される事柄が複数報告された。


外材製品、円高進行による影響(木材価格市況) 東京木材問屋協同組合

木材価格市況調査委員会8月例会

「7月は比較的涼しかったため、現場で建て方の仕事がはかどり、工場の資材加工は順調に進んだ。

その後雨の日が増えて基礎の仕事に遅れが出てきているので、工場はお盆休みを取れそうな状況だ」。


東京合板卸売実勢価格7月24日調査

問屋向け販売、段階的に値上げ進む

国産針葉樹構造用合板の荷動きは比較的好調だ。問屋ルート向けの販売で製品の不足感は出ていない。

直需、プレカット工場向けの販売は順調に推移している。

価格については、メーカーの値上げに向けた下地作りは、在庫数量の少なさを考えると十分と言える。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551