メーカー・資材情報

山梨県・大分県に合板工場が誕生

国産針葉樹合板は、最大手メーカーが製品の値上げ発表を行った。

理由には丸太価格の上昇と運賃価格の上昇を上げている。

問屋ルートでは値上げに対して問い合わせが増えているものの、急いで製品の手当てをしようという動きは見られない。


木材価格市況 プレカット工場、稼働状況好調

「4月のプレカット工場は加工量が回復してきた。住宅物件が増えていて、特に金物工法に対応できる工場が忙しい」(プレカット担当者)。

5月7日東京・新木場の木材会館で開かれた東京木材問屋協同組合・木材価格市況調査委員会で、プレカット担当者は好調な稼動を続ける工場の状況について報告した。

4月末に発表された3月の新設住宅着工戸数は、前年同月比10%増の7万6558戸となっている。


10連休で商況にも影響が

東京材木商協同組合相場調査委員会

東京材木商協同組合相場調査委員会は4月23日に木材の標準価格について調査、発表した。

それによると4月の商況は「やや悪い」から「悪い」が大半だった。

調査委員会の各委員は5月も同様の商況ではないかと予測しており、新天皇陛下即位による10連休の影響は大きいようだ。


木材価格市況 国産材は製品価格がやや弱まる

「プレカット工場は3月、加工量が戻ってきた。ただ建築現場では仕事が遅れていて、出荷できない部材をどこに保管しておくか、苦労している」(プレカット担当者)。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551