メーカー・資材情報

荷動き低迷からラワンが値下げ

国産針葉樹合板は東日本地区で引合に変化が見られず、概ね静かな状況が続いている。

納品は各メーカーとも即応体制をとっているが、3月末はトラックの手配が厳しく、新年度にずれ込むところも出ている。


国産合板、ほぼ即納できる態勢

3月決算を前に流通段階では安値の話も

国産針葉樹合板の荷動きは、地域によって多少の差は見られるが、概ね東日本においては勢いがなく静かな状況が続いている。

これまで聞こえてきた、特定アイテムにおける欠品の話しも、今週はめっきり聞こえなくなってきた。


材価格市況 プレカット工場に回復の兆し

「プレカット工場の稼動は、2月は1月よりも良かった。

住宅販売量は多いようで、中堅や大手ビルダーからのプレカット工場への受注は増えている」(プレカット担当者)。


国産合板、製品値上げは難しい状況 

輸入合板は期末を見据え安値販売増し

国産針葉樹合板は9ミリ品、15ミリ品等で欠品が出ている。

しかし九州を除くと荷動きはさほど活発でなく、全国的にマーケットは落ち着いた状況にある。


木材価格市況 国産材丸太、価格に落ち着き

「プレカット工場の稼動は年末から一転、現場仕事が遅れているせいか、低調になっている」(プレカット担当者)。

2月7日に開かれた東京木材問屋協同組合・木材価格市況調査委員会で、各材の担当者は荷動きが鈍化した木材製品市況について報告した。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551