住宅情報

12月着工 全体で前年同月比 9・0%の減少

国土交通省が1月29日に公表した12月の新設宅着工戸数は6万5643戸(前年同月比9・0%減)で18カ月連続の減少となった。

持家は2カ月連続の増加、貸家は28カ月連続で減少、分譲は14カ月連続の減少となった。

季節調整済年率換算値は78万3936戸(前月比4・2%減)で3カ月ぶりの減少となった。


「IT重説」本格運用開始

国交省はテレビ会議等を活用して非対面で重要事項説明(重説)を行う「IT重説」を建築士法に基づく重要事項説明として今後認めると1月18日に公表した。

建築士法に基づく重要事項説明は、設計受託契約等の前に建築士から建築主に対し重要事項を記載した書面を交付して行われる。


共働き夫婦在宅勤務経験者の住まいと暮らしの意識・実態

旭化成建材㈱快適空間研究所は、「共働き夫婦在宅勤務経験者の住まいと暮らしの意識・実態」の調査結果を、1月21日に発表した。

新型コロナウイルス流行前と比べて住まいでより大切になったことについて尋ねた所、「在宅の仕事のしやすさ」と回答する声が一番多かった。


「在宅時間が増加した」34・9%

国土交通省は1月18日、社会資本整備審議会の住宅宅地分科会(分科会長=中井検裕東京工業大学環境・社会理工学院長・教授)を開催し、住生活基本計画(全国計画)の見直し等に向けた議論を行った。

同分科会では今回、事務方から住まいに関する意識調査の報告が行われた。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551