住宅情報

国産合板、連休を前に在庫補充の動き

国産針葉樹合板は大手プレカット工場向けを主体とした直需販売ルートで、連休前に在庫補充をする顧客が出ていることから、荷動きがやや活発化してきた。

一方問屋ルートにおいては荷動きにあまり変化が見られず、顧客は依然として当用買いを続けている。


新築住宅の省エネ化 2030年の目標水準下回る進捗

家庭部門で「目標上回る」はLED照明のみ

日本を含む国際社会は、パリ協定のもとで地球温暖化対策に取り組んでいる。

日本は温室効果ガス削減目標を、2020年度には2005年度比で3.8%減、2030年度に2013年度比で26.0%減(2005年度比25.4%減)とし、各種施策を実施している。


さまざまな理由で住まいを失った人を支援する「東京アンブレラ基金」設立

仕事を失うと共に住まいを失ってしまった人に対して、空き家を活用した住宅支援に取り組んでいる(一社)つくろい東京ファンド(稲葉剛代表理事)をはじめ、さまざまな分野で助けが必要な人の支援に取り組んでいる8団体が6月に、「誰も路頭に迷わせない東京をつくるため」、緊急一時宿泊時の宿泊費拠出と横断的な調査を行う「東京アンブレラ基金」を立ち上げる。


福岡にCLT活用したマンション建設中

CLTを耐力壁に使用した5階建て賃貸マンションが、福岡市で建設されている。

同物件はペット共生型賃貸マンションで、施主が建築するにあたり、事前に設計士が勧める木造建築物件を見学。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551