住宅情報

建設労働需給調査 8職種で1.8%の不足

国土交通省が11月25日に公表した建設労働需給調査結果(令和元年10月調査)によると、全国の過不足率の状況は型わく工(土木・建築)、左官、とび工、鉄筋工(土木・建築)、電工、配管工の8職種全体で1.8%の不足率となり、特に鉄筋工(土木)で2.9%と不足率が大きい。8職種全体では9月と同様1.7ポイントで前月と同様となった。


土地の“最適活用”策を提言

社会的にも関心が高まっている空き家問題とともに、所有者不明の空き地など、土地の適切な管理・利用も重要な問題だ。

そうした状況を受け、これからの土地の最適活用促進策を議論している国土交通省の国土審議会・土地政策分科会企画部会(部会長=中井検裕・東京工業大学環境・社会理工学院長)は11月18日の会議で、中間とりまとめ骨子案を示した。


住宅の不動産価格指数 前年同月比56カ月連続上昇

国交省は10月30日に不動産価格指数(令和元年7月・第2四半期分)を公表した。

住宅の不動産価格指数は、56カ月連続して前年同月比で上昇し、前年同月比で0.7%上昇した。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551