住宅情報

6月の新設住宅着工戸数/全体の減少傾向変わらず、持家は11カ月連続減少

国土交通省が7月31日に公表した6月の新設住宅着工戸数は7万1101戸(前年同月比12.8%減)で12カ月連続の減少となった。


不動産売却経験者1500人に聞いた!「売却理由」や「売却完了期間」などアンケート結果を公開!

すまいステップ編集部は、全国の1541名の不動産売却経験者に対して調査を実施しました。
不動産を売却する機会は人生に何度もあることではないので、経験者の体験を参考に不動産売却の事情を探っていましょう。

アンケート調査結果の概要


調査対象者 2017年以降に家・マンション・土地などの不動産を売却した人
調査期間 2019年11月15日~2019年12月22日実施
回答人数 1514名
調査方法 WEBアンケート

調査結果のサマリー

・不動産売却の理由は「住み替え」が35.6%「資産整理」が23.0%「相続」が13.9%と上位を占めている
・契約した不動産会社選んだ理由は50.9%が「担当者が信頼できる」から
・不動産会社との媒介契約形態で最も多いのは「専属専任媒介契約」35.2%
・3月以内に売却完了した割合は39.7%、6月以内に売却完了した割合は26.2%

不動産売却の理由で多いのは「住み替え」と「資産整理」


「 家売却理由について最も当てはまるものをお答えください。」と質問すると

  • 「住み替え」 35.6%
  • 「資産整理」 23.0%
  • 「相続」 13.9%

理由で最も多かったのは「住み替え」という結果になりました。

不動産会社は「担当者が信頼できるか」で選んでいる


「 依頼した不動産会社選んだ理由をお答えください。」と質問すると

  • 「担当者が信頼できる」 50.9%
  • 「地元に強いと感じた」 13.1%
  • 「対応が早かった」 11.6%
  • 「知名度が高い」 7.2%
  • 「査定額が高かった」 7.1%

不動産会社の知名度ではなく、営業担当者の力量で契約をする不動産会社を選んでいることが分かりました。

半数以上が「専属専任媒介契約」か「専任媒介契約」を選んでいる


「 依頼した不動産会社選んだ理由をお答えください。」と質問すると

  • 「専属専任媒介契約」 35.2%
  • 「専任媒介契約」 28.2%
  • 「一般媒介契約」 18.1%

最も多かった媒介契約がは「専属専任媒介契約」という結果になりました。


半年以内で65%が売却完了している


「 売り出し開始から売却完了までの期間をお答えください。」と質問すると

  • 「3カ月以内」 39.7%
  • 「6カ月以内」 26.2%
  • 「1年以内」 23.2%
  • 「それ以上」 10.9%

半年以内に65.5%の方は不動産会社を売却できていることが分かりました。

すまいステップ様 提供記事
詳しくは、
https://sumai-step.com/column/article/9330/
にてご確認ください。


モノを売る時代から機能を売る時代へ 富士経済調査

㈱富士経済は、住設建材と住生活サービスの国内市場を調査した。

2019年度の市場は建材が微減し、設備・家電や住生活サービスは拡大するとみられる。


高性能省エネ・省CO2住宅の設計講習/IBEC

(一財)建築環境・省エネルギー機構(IBEC)は「高性能省エネ・省CO2住宅の設計講習」を9月16日と10月8日に千代田区一番町の全国町村議員会館にて開催する。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551