住宅情報

第三者委員会が不適切会計を認定/ハイアス・アンド・カンパニー㈱

住関連産業の事業者支援に特化した経営コンサルティング事業を展開しているハイアス・アンド・カンパニー㈱は、売上高の架空計上などの不適切な会計処理が存在する疑義が認識されたため、第三者委員会による調査を実施してきた。


建設業の国内売上高は8年連続増加 前年比7.7%増/建設業活動実態調査

国交省は「令和元年 建設業活動実態調査の結果」を公表した。

これは建設業許可業者の中で、大きな市場シェアを有すると共に多角化・国際化等の面で実績を有する大手建設業者53社(総合建設業33社、設備工事業20社)を対象に、企業活動の実態を調査したものとなっている。


新築 全ての屋根瓦の緊結を義務化へ

昨年8月30日から9月12日にかけて日本各地で猛威を振るった「令和元年房総半島台風」(台風15号)では、住宅の屋根瓦等が強風で飛ばされ破損するなど、大きな被害が発生した。

特に房総半島南部の沿岸部では、修理できずブルーシートで覆われた住宅の様子が報道で繰り返し紹介されていたことから、記憶されている読者も多いことだろう。

国土交通省はこのほど、同台風による住宅への被害の検証結果を踏まえ、屋根瓦等に係る強風対策の充実を目的に、関係する告示について改正する方針を示した。


第2回住宅における良好な温熱環境実現推進フォーラム開催

住宅における良好な温熱環境の実現に向けて、住宅や住宅リフォームに関係する団体等と一丸となり取り組むためのプラットフォーム「住宅における良好な温熱環境実現推進フォーラム」(事務局=(一財)ベターリビング)が昨年7月に発足されてから1年が経過するが、同フォーラムは9月14日に第2回全体会議を開催した。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551