住宅情報

平成30年の新設住宅着工の総戸数 94万2370戸

前年比2.3%減、2年連続減少

国土交通省は1月31日、平成30年(1―12月)の新設住宅着工戸数をまとめた。

持家と貸家が減少したため、前年に比べ全体で減少となった。

総戸数は94万2,370戸で前年比2.3%減となり2年連続で減少した。


常用・一人親方は前年より増加(2018年賃金・全建総連東京都連調査)

全建総連東京都連がこのほどまとめた2018年賃金調査(有効回答数1万7,411人)によると、2018年の賃金は「常用」1万6,533円(日給月給と月固定給の平均)、「手間請」1万、9,080円、「一人親方」2万328円だった。

「常用」と「一人親方」は前年より増加しており、特に「常用」は07年以降で最も高い。


今までの体制を維持しようとするから人手不足 多くの人が変化嗅ぎ取り行動始めている

哲学者・内山節氏インタビュー(後編)

哲学者・内山節氏インタビュー(後編)/今までの体制を維持しようとするから人手不足 多くの人が変化嗅ぎ取り行動始めている

インタビュー前編(2月5日号)では、人手不足・人材不足の問題について、内山氏は魅力のある仕事には人は集まると語るとともに、日本社会について「現状のままで行こうとするから人手不足。現状を変えようとすれば場合によっては人手不足ではない。


2018年度(第31回)キッチンスペシャリスト資格試験の結果について

(合格者数288名、合格率36.6%)

公益社団法人インテリア産業協会(所在地:東京都新宿区、会長:渋谷 忠彦)は、2018年度のキッチンスペシャリト資格試験を、2018年12月2日(日)に全国12地域で実施しました。試験の実施結果の概要は次のとおり。

受験区分別の受験申込者数は、総合タイプが632名、学科タイプが132名、実技タイプが214名。

これらを試験科目別に整理すると、学科については、申込者数764名のうち640名が受験し、380名が合格。合格率は59.4%。

また実技については、申込者数846名のうち691名が受験し、280名が合格。合格率は40.5%となった。

一方、学科と実技を通じて資格取得対象となる受験をした人(資格取得対象受験者)は786名で、対象の科目試験を受験した結果、合格者は288名で合格率は36.6%となった。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551