住宅情報

住宅用太陽光の買取2025~2027年に 11円/kWh(国交省)

太陽光発電による電力の買取価格は、当初は高額に設定することで普及拡大を図り、数が増えることによる導入コストの低下を狙ってきた。

そのため、順次、買取価格は引き下げられ、住宅用太陽光発電の余剰電力の買取価格は2012年の42円/kWhから、2019年には24~26円/kWhに引き下げられる。

政府は住宅用太陽光発電については、2019年は家庭用電力料金(24円/kWh)並みの売電価格(システム費用30万円/kW相当)から、〝できるだけ早期に〟卸電力取引市場(11円/kWh)並みの売電価格(システム費用20万円/kW相当)にすることを価格目標に掲げている。

日本住宅新聞提供記事(平成30年9月15日号)
詳しくは、日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp


広告

スポンサーサイト

新着情報

お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551