住宅情報

住宅ローン、変動金利型が根強く

国土交通省は、「令和元年度民間住宅ローンの実態に関する調査」を行い、このほど結果を取りまとめた。

主な調査結果として、個人向け住宅ローンの新規貸出については、使途別割合は、過去4年を通じて既存住宅向けの割合が増加傾向にあること、金利タイプ別割合は、引き続き変動金利型の割合が約6割と最も高いことが分かった。



日本住宅新聞提供記事(2020年3月25日号)
詳しくは、NJS日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp



広告

おすすめサイト

新着情報

お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551