住宅情報

家守工務店になるため、インスペクションをうまく活用しよう

昨今、脱炭素やヒートショックに対する関心が高まっており、住まい手の住居の断熱意識が向上している。

国土交通省の資料によると、2019年度の新築戸建住宅のうち省エネ基準に適合している住宅は約85%(うちZEHレベルは約25%)となっている。

一方、住宅ストック(約5000万戸)のうち省エネ基準に適合している住宅は2018年度時点で約11%にすぎない。

このため、今後さらに既存住宅・建築物の省エネ改修を推進させていく必要がある。



日本住宅新聞提供記事(2022年1月5日号)

詳しくは、NJS日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。

http://www.jyutaku-news.co.jp


広告

おすすめサイト

新着情報

お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551