住宅情報

令和6年4月新設住宅着工戸数

国土交通省は5月31日、令和6年4月の新設住宅着工戸数を発表。
新設住宅着工戸数が7万6583戸(前年同月比13・9%増)で11カ月ぶりに増加した。
過去10年の4月の戸数としては、上から5番目。持ち家の減少トレンドは続いているが、対前年度比の減少幅は小さくなってきた。
貸家と分譲は増加したが、分譲戸建ては18カ月連続で減少となっており、注視が必要だ。

持家は1万7878戸(同3・9%減)で29カ月連続の減少。
過去10年の4月の戸数としては、上から10番目の水準だった。

貸家は3万4598戸(同20・6%増)で先月の減少から再びの増加。
過去10年の3月の戸数としては、上から4番目の水準だった。

今回20%を超える増加となったことについて同省の担当者は「受注額の規模は堅調に推移していると事業者から聞いている」と説明。
月ごとのばらつきをなくす工事平準化の影響を受け、例年多い3月の着工が減り、4月にずれたことが要因ではないかとの見解を示した。



日本住宅新聞提供記事(2024年6月5日号)
詳しくは、NJS日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp


広告

おすすめサイト

新着情報

お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551