メーカー・資材情報

合板は久々の売り手市場に

11月の東京木材問屋協同組合・木材価格市況調査委員会が、5日東京・新木場の木材会館で開催された。

出席者からは荷動きの増加を指摘する声が多く聞かれ、特に合板は「久々の売り手市場となり、品物を追う空気が強まっている」(担当者)と、明確な市況変化が報告された。

一方で「製品需要の回復は、まだ確かなものとは言えない」(国産材構造材)との見方も聞かれ、年末に向けて慎重な舵取りが求められそうだ。



日本住宅新聞提供記事(2020年11月15日号)
詳しくは、NJS日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp



広告

おすすめサイト

新着情報

お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551