住宅情報

「81―00木造住宅」耐震診断のニーズ増大


築年数で耐震性には大差


日本木造住宅住宅耐震強事業者協同組合(小野秀男理事長)は1月17日、昭和56年から平成12年に建築された在来軸組構法の住宅(以下「81―00木造住宅」)の耐震性に関する調査データを公表した。


同組合に耐震診断依頼があった住宅のうち、81―00木造住宅の割合は2011年以降増加傾向にあり、特に直近3年で比率が上昇。


2017年は58.1%に達した。一方、診断後の補強工事実施率は約3割だった。


81―00木造住宅の耐震性を、築年数別に見ると、新しいほど耐震性が向上。


耐震性を満たしている(耐震診断の評点1.0以上)住宅は、昭和56年築の住宅では5.0%に対し、平成12年は48.2%と、最大で4割の差があった。


日本住宅新聞提供記事(平成30年1月25日号)
詳しくは、日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp



広告

スポンサーサイト

新着情報

お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 10:00〜17:00)

052-689-5551