住宅情報

省エネ基準義務化に向け国交省研究会が課題整理

小規模事業者の習熟度や建築主の理解度が課題に

国土交通省の住宅・エネルギー消費性能の実態等に関する研究会(座長=坂本雄三・東京大学名誉教授)は3月30日、これまでの議論を踏まえたとりまとめを公表した。

同研究会は、省エネ基準の適合率向上に向けた課題の整理を目的としており、今回のとりまとめでは委員からの指摘事項を中心に、今後の課題などをまとめている。

省エネ基準義務化の対象拡大にあたっては、省エネ投資の費用対効果の低さ、住まい方へのエネルギー消費性能の依存、建築主等の認識、伝統的構法や地域の文化への配慮などが、適合義務化に向けて留意すべき課題として挙げられた。

日本住宅新聞提供記事(平成30年4月5日号)
詳しくは、日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp


広告

スポンサーサイト

新着情報

お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 10:00〜17:00)

052-689-5551