住宅情報

JK情報センター需要予測 第2四半期は需要減予測

前年比ではやや回復

ジャパン建材(株)のJK情報センターは6月7日、取引先3000社を対象に実施した平成30年度第2四半期(7月~9月)の需要動向予測調査の結果を公表した。

前年同期比で工務店はマイナス8・1ポイント、販売店はマイナス5・5ポイントで、いずれも減少するとの予測が多かったが、前回調査からは若干の回復となった。

日本住宅新聞提供記事(平成30年6月25号)
詳しくは、日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp


広告

スポンサーサイト

新着情報

お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 10:00〜17:00)

052-689-5551