住宅情報

技術士資格の活用を促進(文科省)

今後の技術士資格の在り方について検討している文部科学省の第9期技術士分科会が、近く報告をまとめる。

これまで2年にわたり、国際的通用性、普及拡大・活用促進、継続研さん(CPD)の在り方・更新制の導入、技術士補及びIPDの在り方、第一次試験の適正化、総合技術監理部門の在り方の6項目について検討を続けて来た。

第一次試験に関しては、技術士資格が国際的通用性を有するものにする方向で見直す。

専門科目については、大学のエンジニアリング課程の基礎的な専門知識を問う内容とし、共通化(グループ化、「系」)することが望ましいとしている。



日本住宅新聞提供記事(平成30年11月25日号)
詳しくは、NJS日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp


広告

スポンサーサイト

新着情報

お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551