メーカー・資材情報

東亜林業㈱が製材事業からの撤退を発表

米マツ製材大手の東亜林業(広島県・福山市)は、このほど今年末までで製材事業から撤退すると発表した。

同社は1956年に国産材の製材を始め、その後米マツ製材に移行、製材から乾燥加工まで一貫した機械設備を揃え、年間40万立方メートルの米マツ丸太を製材してきた。

2017年度の売上高は98億1,000万円だったが、収益は低迷していた。



日本住宅新聞提供記事(平成30年11月15日号)
詳しくは、NJS日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp


広告

スポンサーサイト

新着情報

お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551