メーカー・資材情報

荷動き低迷からラワンが値下げ

国産針葉樹合板は東日本地区で引合に変化が見られず、概ね静かな状況が続いている。

納品は各メーカーとも即応体制をとっているが、3月末はトラックの手配が厳しく、新年度にずれ込むところも出ている。

一方、西日本・九州地区では需要があり、東西で温度差が感じられる。

背景には西日本・九州地区における耐震意識の高まりなどがあると思われる。



日本住宅新聞提供記事(2019年4月5日号)
詳しくは、NJS日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp



広告

おすすめサイト

新着情報

お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551