メーカー・資材情報

被災3県で均衡、土木型枠依然として不足 国交省 建設労働需給調査

国交省は令和3年3月調査分の「建設労働需給調査結果」を公表した。

建設技能労働者の需給状況などを職種別・地域別に毎月把握する目的で実施している。

全国の過不足率の状況(原数値)は型わく工(土木・建築)、左官、とび工、鉄筋工(土木・建築)、電工、配管工の8職種全体で0・3%の不足となった(図1)。

特に型わく工(土木)の不足率が0・8%と大きい。

型わく工(土木・建築)、左官、とび工、鉄筋工(土木・建築)の6職種全体では0・2%の不足となった。

なお、被災3県に関しては均衡となっていた。



日本住宅新聞提供記事(2021年5月25日号)
詳しくは、NJS日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp


広告

おすすめサイト

新着情報

お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551