政策・補助金等

1~9月労働災害発生状況(10月速報値)

建設業は死亡者数減も休業4日以上の死傷者数は98人増

厚生労働省は今年1月1日から9月30日までに発生した労働災害について、10月9日までに報告があったものを集計・発表した。

死亡災害の発生状況について業種別にみると、全死亡者数577人のうち、建設業が203人(35.2%)で依然として最も多いことが分かった。前年同期比では9人マイナス(4.2%減)。

同調査は事故の型別労働災害発生状況(10月速報値)についてまとめたもの。建設業の死亡災害の内訳は「墜落・転落」が86件で1位(42.3%)、「はさまれ・巻き込まれ」が19件で2位(9.3%)。

「崩壊・倒壊」が18件で3位(8.8%)、「飛来・落下」と「交通事故(道路)」がそれぞれ17件で4位(8.3%)だった。



日本住宅新聞提供記事(平成30年10月25日号)
詳しくは、NJS日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp


広告

スポンサーサイト

新着情報

お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551