住宅情報

「建設技能トレーニングプログラム」を作成しました!

~いつでもどこでも受講可能な映像研修プログラムを公開します~

国土交通省では、建設リカレント教育の一環として、建設職人の技能を映像で学べる研修プログラム『建設技能トレーニングプログラム(略称:建トレ)』を作成しました。
 スマートフォン等により時間・場所に制約されることなく、どなたでも無料で利用できるよう、Webサイトで公開します。

建設業は、少子高齢化に伴う労働力人口の減少など構造的な課題に直面しており、中長期的な担い手の確保が重要となっています。そのため、技能労働者の育成、若年者の建設業への入職の促進等に取り組む教育訓練の役割がますます大きくなっています。
 これまで教育訓練の多くは企業内OJTのほか、教育訓練施設を活用することが多く、地方の建設業従事者にとっては金銭的・時間的な制約により、継続的な技能訓練が行うことが困難でした。


 本研修プログラムは、建設業従事者一人一人の生産性向上を目的に、多様な技能・技術の取得の機会を提供する建設リカレント教育の一環として、業界団体、企業、教育訓練施設等の監修・協力のもと、富士教育訓練センターを運営する職業訓練法人全国建設産業教育訓練協会が制作しています。
 基礎編(22職種)、職長編(6職種)、指導者編の3編で構成しており、スマートフォンやPC等により時間・場所を選ばず、どなたでも無料で利用できるよう、専用のWebサイトにて公開します。(詳細についてはリーフレットをご参照ください)

『建トレ』WebサイトURL ⇒ http://kentore.jp/ 各職種の作業に従事する方の学び直しのために、企業等での新人研修のために、建設業への入職を考えている方が職人の仕事を知るためになど、ぜひご活用ください!

国土交通省 プレスリリース 2018年5月17日記事 http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo14_hh_000755.html


広告

スポンサーサイト

新着情報

お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 10:00〜17:00)

052-689-5551