政策・補助金等

第5次エネルギー基本計画

再生可能エネの最大限の導入目指す

経済産業省の総合資源エネルギー調査会基本政策分科会(分科会長=坂根正弘・(株)小松製作所相談役)は5月16日、「第5次エネルギー基本計画」案をまとめた。

2030年時点でのエネルギー別電源構成割合の目標値は、2015年7月決定の「長期エネルギー需給見通し」で設定した目標値を踏襲。

▽再生可能エネルギー:22~24%、▽原子力発電:20~22%、▽液化天然ガス(LNG):27%、▽石炭26%、▽石油:3%――に設定した。このうち、再生可能エネルギーは、水力8・8~9・2%、太陽光7%、バイオマス3・7~4・6%、風力1・7%、地熱1~1・1%としている。

日本住宅新聞提供記事(平成30年5月)
詳しくは、日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp


広告

スポンサーサイト

新着情報

お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 10:00〜17:00)

052-689-5551