メーカー・資材情報

新工場建設を検討~ソーラーフロンティア~

太陽光発電を東北で拡大

昭和シェル石油子会社で、太陽光発電システムの製造・販売を行うソーラーフロンティア(東京都、亀田繁明社長)は、宮城県黒川郡を候補地として太陽光電池の新工場建設の検討に入った。

新工場建設案は、経済産業省が民間企業の生産拠点新設や増産整備に助成する、国内立地推進事業補助金に採択されたもの。採択された企業は、2012.年度末までに設備投資に着手することとなっている。

同社が宮城で製造を検討しているのは、一般的な青いシリコン系太陽電池でなく、漆黒の鏡のような輝きが特徴のCIS太陽電池だ。銅、インジウム、セレンの3つの物質を組み合わせた化合物系薄膜太陽光電池と呼ばれる。現在、市場で一般的なシリコン系に比べ原材料が比較的安定しており、価格を低く抑えられる点が特徴の一つといえる。

同社によると、東北では震災以降、太陽光発電システムの需要が伸びてきているという。さらに、東北は従来から半導体メーカーの集積地で、その製造工程がCIS太陽電池の製造工程と共通するところが多く、蓄積された技術や人材も魅力的だとしてる。また、同社のCIS太陽電池は新潟県で雪国型メガソーラーに採用され、冬場も計画より多い発電量が認められており、東北でもその実力が優位に発揮できると見込んでいる。

 

 

詳しくは、日刊木材新聞紙面をご確認下さい。

 

(日刊木材新聞 H24.2.10号掲載記事抜粋)

日刊木材新聞ホームページ http://www.n-mokuzai.com/

ソーラーフロンティア株式会社 http://www.solar-frontier.com/jp/

 



建材のトップランナー制度検討~資源エネルギー庁~

今国会に省エネ法改正案提出

資源エネルギー庁は7日、総合資源エネルギー調査会省エネルギー部を開催し、中間とりまとめの案を固めた。ここでは、民生部門での省エネ対策強化の一環として、建材にも「トップランナー制度」を導入することの検討が盛り込まれた。取りまとめ案は13日に確定、省エネルギー法改正に向けた法案に反映される。改正案は3月上旬には今国会に提出される予定だ。

取りまとめ案では、太陽光発電をはじめ設備が注目されているが、消費ネルギーそのものを減らすため、建築物そのものの断熱性能を上げることも重要としている。そのうえで、民生部門の省エネ推進には窓や断熱材、水回り設備など建築材料の省エネ性能向上が不可欠としている。

その対策として、建築材料等にトップランナー制度導入し、製品全体のなかで省エネ製品の割合を高めることが効果的と示された。同制度により、新築はもとよりリフォームでも。消費者が特に意識しなくても自然に住宅・建築物の省エネ性能が高くなると考えらえている。


詳しくは、日刊木材新聞紙面をご確認下さい。

 

(日刊木材新聞 H24.2.10号掲載記事抜粋)

日刊木材新聞ホームページ http://www.n-mokuzai.com/



薄物に不足感強まる~内外産MDF~

フロア需要増、造作用にしわ寄せも 

MDF需給が引き締まっている。フロア台板向けの需要増加と内外産供給量の不足で、需給バランスが需要偏重に傾いている。タイト感を手掛かりに製品価格もじわじわと上昇している。国産MDFの昨年11月の在庫量は0.9ヵ月ぶりで、ついに1ヵ月分を切った。一昨年春の在庫量は1.9ヵ月分を抱えていたが、その語減少傾向を示し、需要期である9月以降に一段と需給が引き締まった。

詳しくは、日刊木材新聞紙面をご確認下さい。

 

(日刊木材新聞 H24.2.8号掲載記事抜粋)

日刊木材新聞ホームページ http://www.n-mokuzai.com/



関西商圏強化、京都に機能集約~ナイスグループ~

パワービルド本社も設置

ナイス(横浜市、平田恒一郎社長)は1月1日付で、グループの住資材事業会社機能を集約した関西地区の新拠点「京都本部」を設置、関西を軸とした西日本市場の強化を進める。同社は、住資材物流にとどまらず、商品開発、施工など幅広い機能を取引先に提案していく。

京都本部(京都市)には、ナイス関西営業部京都営業所、同住宅システム事業部京都営業所、同事業開発本部商品企画開発部の一部、ナイスザイコー本社、ナイスユニテック京都営業所、パワービルド本社が入った。

 

 

詳しくは、日刊木材新聞紙面をご確認下さい。

 

(日刊木材新聞 H24.2.7号掲載記事抜粋)

日刊木材新聞ホームページ http://www.n-mokuzai.com/

 



ガンバ大阪とユニホーム スポンサー契約を締結

地元大阪のスポーツ振興で~大建工業~

 大建工業(大阪市、澤木良次社長)は、大阪府吹田市にホームを置く日本プロサッカーリーグ加盟チーム「ガンバ大阪」とユニホームスポンサー契約を締結。今後は、大阪に本社を構える企業として、地元大阪のスポーツ振興と活性化に貢献することを明らかにした。同時に、公式ユニホーム(パンツ)やホームスタジアムである万博記念競技場(大阪府吹田市)の看板など、各種広告による社名の露出を図る。

 

詳しくは、日刊木材新聞紙面をご確認下さい。

 

(日刊木材新聞 H24.2.4号掲載記事抜粋)

日刊木材新聞ホームページ http://www.n-mokuzai.com/



お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551