政策・補助金等

 平成22年5月末時点での同事業の実施状況について国交省から発表がありました。

1.住宅エコポイントの申請状況
   (1)平成22年5月の合計

 [1]新築
4,641戸
 [2]リフォーム
17,407戸
 [3]合計
22,048戸


   (2)申請受付開始からの累計

 [1]新築
6,911戸
 [2]リフォーム
35,220戸
 [3]合計
42,131戸


2.住宅エコポイントの発行状況
   (1)平成22年5月の合計

 [1]新築
1,932戸
( 579,600,000ポイント)
 [2]リフォーム
16,829戸
( 724,560,000ポイント)
 [3]合計
18,761戸
(1,304,160,000ポイント)

   (2)申請受付開始からの累計

 [1]新築
2,301戸
( 690,300,000ポイント)
 [2]リフォーム
19,978戸
( 858,419,000ポイント)
 [3]合計
22,279戸
(1,548,719,000ポイント)
 

 

 

国土交通省発表資料より



施工・検査基準では「設置・施工に関する一般事項」として、設置・施工に先立ち事前調査を行い、工事カ所について雨漏りや屋根材・構造躯体に著しい劣化がないことを確認することや、調査結果に基づいた設置・施工計画を策定することを求めた。その際、調査結果から工事カ所に雨漏りや屋根材・構造躯体の著しい劣化がみられた場合は、「計画に補修内容を含む」こととし、工事終了までに補修を行うとした。 

詳しくは、国交省HPへ

国土交通省HP太陽光発電パネルの設置工事に係る施工・検査基準の策定と講習会の実施について



 住宅エコポイント

 国土交通省は、4月9日、住宅版エコポイントの申請・発行状況を初公表した。3月末時点の申請件数は合計3690件、内訳は新築163件、リフォーム3527件でリフォームが95%以上を占める。発行ポイント数は新築300万ポイント、リフォーム1327万ポイントとリフォームが80%以上を占め、そのうち窓の断熱改修が約80%を占める。

 新築受注ではまだハッキリとした効果は見られないが、商談客の下支え効果にはなっているようだ。一律30万ではあるが、今後の受注効果にも期待したい。

 

2010年3月受注棟数伸率

★主要13社計・・・4.9%増、5カ月連続増

★大手   8社計・・・5.5%増、5カ月連続増

★中堅 5社計・・・0.1%増、3カ月連続増

 



 



~住宅瑕疵担保履行法~


 


※平成21年10月1日から、新築住宅の引渡しに、資力確保措置


(保険への加入または保証金の供託)が義務付けられます。



 




住宅瑕疵担保履行法.JPGのサムネール画像のサムネール画像


????どんな法律がスタート????


  住宅の発注者や買主を保護するため、新築住宅の請負人や売主に保険への加入または保険金の供託


 


  (資力確保措置)を義務付ける、「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」


  (住宅瑕疵担保履行法)が平成21年10月1日に施行されます。


 


◇義務付けの対象となる事業者は??




 義務付けの対象となるのは、注文・賃貸住宅の請負人または分譲住宅の売主です。


 ただし、宅建業者に住宅を引き渡す場合を除きます。


 【代表的なケース】


 


 




住宅瑕疵担保履行法1.JPG

 


◇住宅瑕疵担保履行法への対応スケジュールは??


  請負契約または売買契約が平成21年10月より前でも引渡しが平成21年10月以降となる場合には、


  保険への加入または保険金の供託が必要です。


  特に保険加入の場合は工事中に検査を受ける必要があるため、


  着工前に保険法人に申し込まなければなりません。


  ※保険法人は平成20年4月以降に指定される予定です。


 



住宅瑕疵担保履行法2.JPG

 



お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551