最新情報

住宅業界最新情報を配信中!

名古屋ジャパン建材フェア ご来場ありがとうございました。

 

本年も名古屋ジャパン建材フェアに御参加して下さった皆様、ありがとうございました。

来年も宜しくお願致します。

 

 

6/12(土) 名古屋ジャパン建材フェア開催中の風景です。

 

 

2010名古屋ジャパン建材フェア0612.jpg

 

 

 

 6/11(金) 明日のジャパン建材フェアの準備を行いました。

 

2010nagoya0611.jpg

 

当日は、セミナー会場横 ”ハウス・デポ ブース”内で じゅうたま事務局はお待ちしております!



 【フラット35】申請件数 

平成22年3月末 ※提供:(独)住宅金融支援機構

 

「明日の安心と成長の為の緊急経済対策」による【フラット35】Sの制度拡充後、【フラット35】Sの申請件数が増加。

平成22年3月は、全体で約11,400件、【フラット】Sが約8200の申請となりました。

【フラット35】Sの割合は全体の約70%に達しています。

 

 【フラット35】 申請件数 

 

平成22年度第2四半期F35申請件数.jpg

※フラット35の申請件数は、買取申請件数の合計です。また、買取型及び保証型の双方に同時に申請していいる件数及び、再申請分を含みます。

※フラット35の申請件数は、フラット50の申請件数を除いています。

 

 長期優良住宅建築等計画の認定実績 

平成22年4月末  ※国土交通省ホームページより

平成22年度第2四半期長期優良住宅認定実績.jpg

 

 

<JK情報センター 資料より記事抜粋>

 

 

 



暖色や寒色など資格から受ける色彩効果が、人間心理に与える影響は広く知られております。

加えて目で見るだけではなく、皮膚からも感ずることが出来ることが実証実験で証明されております。

色彩効果を上手に利用して物理的なエネルギーに頼ることなく省エネを図る方法をお伝えします。

 

 「色」から考える身近な省エネ

色相環1.jpg

 住宅における「省エネ」というと太陽光発電やエネファームなど大掛かりなものが思い浮かびますが、ここでは色から身近な省エネを考えていきます。

 色には「暖色」「寒色」「中性色」があります。色相環の中で、暖色は赤~黄色を指し、寒色は緑みの青・青・青紫を指し、それ以外の色を中性色と言います。文字通り、暖色は見た目に温かみを感じる色・寒色は涼しさを感じる色です。

それだけではなく色の効果は見た目に暖かい・涼しいにとどまらず実際に体に作用するのです。この色相環は虹の両端の色をつないで作ります。

 虹のできる仕組みは皆さんご存知のように、太陽光に含まれる様々な色が波長の長さによって順番に分かれるからです。つまり色は電磁波の一種です。ですから、色は目で見るだけではなく皮膚からも感じるものなのです。実際に、実験的に作られた真っ赤な部屋と真っ青な部屋に目隠ししたまま一定時間過ごすと見えないにもかかわらず、体温や心拍数等に明らかな違いが出ることが分かっています。一般的に同じ温度の部屋にいても、自律神経の刺激によって感じる体感温度は暖色系の部屋と寒色系の部屋では3度も違いがあると言われています。この体感温度の違いを上手に利用しない手はありません。

 

「色で省エネ」の具体的な方法とは?

 

色相環.jpg

暑い夏を快適に過ごすためには「寒色」を、冬を快適に過ごすには「暖色」を使うのが良さそうだということは、既にお分かり頂いたと思います。では具体的にはどのように使うのでしょうか?自律神経に作用し実際に体感温度を変えるには、鮮やかな濃い色のほうが効果があります。けれどそれを広範囲に長時間使ってしまうと、刺激が強すぎて神経が疲れてしまい逆効果になります。二つの表を見て頂いてわかるように各色は白・黒・グレーを段階に混ぜることによって変化していきます。

 例えば、赤に白を混ぜることでピンクに、黒を混ぜることで茶になります。長時間いる場所に広範囲に色を使う時はこのように鮮やかさを抑えた色を使います。床や壁紙はなかなか季節ごとに変えることはできませんから、カーテンやソファーカバー・ベッドカバー・小物などで調整していくことになります。

どんどん暑くなるこれからの季節は特にリビングやベッドルームに寒色を使って涼しい夏を過ごしましょう。色相環の中の一色または隣り合った色の濃淡配色はまとまりが良く失敗の少ない組み合わせです。

 

 

色相とトーン.jpg

寒色の中でも特に青は水をイメージさせ涼しさを増します。また、後退色という物が遠くに見える効果がある色なので、部屋を広く風通し良いイメージを作れる色です。面積によって色が変わって見えることを「面積効果」と言いますが、明るく鮮やかな色は面積が大きくなるほど より明るく鮮やかに感じられ、暗い色は面積が大きくなるほど一層暗く感じられることが分かっています。ですから一色の濃淡配色の場合はカーテンやベッドカバー等広い面積に使う色は、気に入った色より薄く明るめの色を選び、クッションや枕カバーなど面積が小さくなるに従って濃い色になっていく方が自然に感じられます。

 ただ、青一色や隣り合った色同士の濃淡配色の場合、涼しさは増しますが寂しい感じになってしまうこともあります。そんな時は色相環の90度から180度の色をアクセントとして加えてみましょう。

 その時に大切なのはバランスです。加える色が鮮やかな色の場合5%くらい、淡い色の場合でもせいぜい20%まで。

主役はどの色なのかをハッキリさせることでバランスが取れます。

 

明度と彩度.jpg

 もう一つ涼しさを感じる配色としては、無彩色の白・グレーと少量の黒の組み合わせです。ただし、これだけではクールで冷たくなりすぎることもあるので、その場合は何か一色差し色を入れましょう。少量であれば暖色系を差し色に選んでも涼しげな雰囲気は保てます。また、色を効果的に使うなら素材を選ぶことも大切です。例えば青を使っていても、木の素材に青のペイントのテーブルや椅子はあまり涼しげには見えません。素材が木なら青のペイントよりは白木のように明るいものを選んだほうが爽やかに見えます。色ではありませんがガラスのテーブルやシルバースチール素材の椅子は、さらに涼しげになります。可能なら各部屋のライトの色も考えた方が良いでしょう。

 白熱電球は黄みの強い光なので見え方が全て暖色寄りに、逆に蛍光灯は青みの強い光なので見え方が寒色寄りになります。

 最近LEDライト等で光の色も選べるようになってきています。

 特に寝室には寒色の沈静効果を高める青み寄りの光をお薦めします。

 

「寒色」を使う場合の注意点

 

白の寝室と青の寝室.jpg

体感温度を下げ、爽やかに過ごすための「寒色」ですがキッチンやダイニングには要注意です。寒色系は「苦い」「青くさい」などの味のイメージにつながりやすく、また食欲の無くなる夏には逆効果になります。

 キッチンやダイニングには夏でも暖色か中性色の中の黄色寄りのグリーンを使って食欲を減退させないようにしましょう。

 せっかくの省エネも体調を崩したり、ストレスを抱えては意味がありません。

 今年の夏は、色を上手に使って、エアコンの温度を下げ過ぎず快適に過ごすことをお試しください。

 

<Design & Data 2010 5/25記事抜粋>



 2010年の新商品・最新動向がつかめる!住宅建材総合展示即売会

第12回名古屋ジャパン建材フェア

  第12回 名古屋ジャパン建材フェアが6/12(土)に開催されます。

新商品の展示はもちろんのこと、各種セミナーも開催致します。

  

オープンセミナー・スケジュール

 

①10:30~11:00 / ④14:00~14:30

今がチャンス!!住宅ローンのフラット35S金利引き下げ幅拡大!」

エコポイントだけじゃない緊急経済対策。

 

②11:15~11:45 / ⑤14:45~15:15

「これからの省エネ基準のスタンダード。省エネ対策等級4の仕様の解説」

エコポイント(新築木造住宅)も長期優良住宅もこれが必須です。

 

③13:15~13:45

「リフォーム瑕疵保険、既存住宅販売瑕疵保険 販売開始!」

新築だけではなく、リフォーム工事、既存住宅販売にも瑕疵保険が出来ました。(任意)

 


 

じゅうたまは、オープンセミナー会場の横に出展予定です。

(ハウス・デポ・ジャパン ブース内にて出展予定)

ご来場の際は、是非じゅうたまブースもお願い致します。

イベント当日は、お持ちしております。



お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551