最新情報

住宅業界最新情報を配信中!

名古屋ジャパン建材に出展!多くのご来場者様とお会いできました!

今回の名古屋会場も、「ポートメッセなごや」で行いました。

第13回名古屋ジャパン建材フェア

強力なスタッフも活躍していただき、多くの方とお話することができました。

来店していただいた方!ありがとうございます。(^_-)★

今回は、完成保証のハートシステムをご紹介・相談が多数ありました。

ぜひ、この機会にご検討ください。また、よいお話ができた方は、今後ともよろしくお願いします。

 

じゅうたまは、ハートシステムに加盟していただいた工務店様を支援しています。

今回も、ハートシステムご確認いただいた方には、初回製作費10万円(税抜)で、更新、利用料0円で提供!

現在、新しくハートシステム加盟工務店=プレミアム会員様特設サイトも立ち上げ進行中!

7月上旬にはグランドオープンします!お楽しみに!

 

快適住実コーナー

そして、快適住実コーナーも大変賑わっていました。

「Bulls」、「JKサポートセンター」、「キーテック」、「住宅金融支援機構」などなど、出展。

中でも、サム、、、。ギャラリー多数でした。

 

今後も、JKフェアが楽しみですね。

 

 

 



政府が「政策推進指針〜日本の再生に向けて〜」閣議決定 耐震住宅等新たな需要に期待

政府は17日、「政策推進指針」を閣議決定した。東日本大震災以前からの経済の停滞などの「危機」に直面していた日本にとって震災は、「危機中の危機」と強調。供給・電力制約などのマイナス面があった一方、プラスの側面として「耐震住宅、省電力・省エネ・新エネ投資等の新たな需要が拡大していく可能性」も指摘した。

詳しくは、日本住宅新聞(H23.5.25号)に掲載されてます。

 

詳しくは、<日本住宅新聞ホームページ>にて

 

 



住宅建設資材に係る需給状況緊急調査結果(第2回) 断熱材、未だ納期に遅れ

林野庁、経済産業省、国土交通省、環境省は18日、第2回目の「住宅建設資材の需給状況に関する緊急調査」の結果概要を公表した。全体を通して「調達状況が響改善している」ものの、断熱材を中心に「未だ平時に比べて納期がかなり遅れ」ている資材も少なくない状況が続いている。

詳しくは、日本住宅新聞(H23.5.25号)に掲載されてます。

 

詳しくは、<日本住宅新聞ホームページ>にて

 

 



 新木造住宅技術研究協議会(宮城・仙台市、代表理事=鎌田紀彦室蘭工業大学教授。以下、新住協)は、5月19〜21日にかけて京都で総会・研修会を実施。会沢健二常務理事が、東日本大震災当日から無暖房で生活した様子をデータとともに報告した。


外気温は、11日ですと日中の最高気温は5〜6℃で、12日まで寒かった。一転して13日から日が照って15℃くらいになりました。そして16〜18日にはまた雪が降って、最高気温が5℃以下というのが3日続きました。ここが一番のピンチになりますけれども、室温は11日に暖房が切れたあとでも、15〜16℃くらいの温度が3日続いて初めて、明け方に12℃という温度が測定されています。それでも午前4〜5時は寝ていますから、全然影響はありません。


詳しくは、日本住宅新聞(H23.5.25号)に掲載されてます。



詳しくは、<日本住宅新聞ホームページ>にて


 



国土交通省は今日、平成23年度「既存住宅・リフォーム推進事業」の募集を開始した。
対象となる事業は既存住宅流通タイプ(戸建又は共同住宅)、大規模修繕タイプ(分譲共同住宅)の2つで、補助額の上限はそれぞれ1戸あたり100万円、25万円。

詳しくは、<日本住宅新聞ホームページ>にて


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551