最新情報

住宅業界最新情報を配信中!

 国土交通省が11月30日に公表した10月の新設住宅着工戸数は7万1390戸(5カ月連続増加)で、3カ月連続の7万戸台となった。貸家が3カ月ぶりに減少したものの、持家と分譲住宅の増加傾向が継続し、全体で増加した。季節調整済み年率換算値は81万3396戸で3カ月連続の80万戸台となった。

(2010.11.30記事)

 

 詳しくは、njs_logo.gif



 ダウ・ケミカル㈱エラストマー事業部は25日、一部のエラストマー製品を12月1日出荷分より値上げすると発表した。原材料価格の高騰による採算性の悪化に加え、需要が高まり製品の供給不足が発生していることを受け、同社は値上げに踏み切った。
 値上げ対象となる製品は「エンゲージポリオレフィンエラストマー」「ノーデルエチレンプロピレンジエンゴム」「アフィニティーポリオレフィンプラストマー」の3製品で、それぞれ1キログラム当り25~30円の値上げとなる。

(2010.11.30記事)

 

 詳しくは、njs_logo.gif



住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく住宅性能表示制度の実施状況について(平成22年9月末時点)

 

 「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく「住宅性能表示制度」については、新築住宅は平成12年10月より、既存住宅は平成14年12月より制度運用を開始しています。 この度、全国の登録住宅性能評価機関等で構成される一般社団法人 住宅性能評価・表示協会事務局が、全評価機関を対象に住宅性能評価の平成22年9月の実績(速報値)について調査した結果がまとまりましたので、お知らせします。

 

1.新築住宅

(1) 平成22年9月の実績

  [1] 設計住宅性能評価   受付   18,867戸       交付   16,511戸

                     (対前年同月比 60.4%増)    (対前年同月比 39.7%増)

  [2] 建設住宅性能評価   受付   13,520戸       交付   14,656戸

                     (対前年同月比  56.5%増)   (対前年同月比 17.4%増)

 

 (2) 制度運用開始からの累計

  [1] 設計住宅性能評価   受付1,603,808戸       交付1,576,986戸

  [2] 建設住宅性能評価   受付1,263,896戸       交付1,140,151戸

2.既存住宅

 (1) 平成22年9月の実績     受付        2戸  交付        3戸

 (2) 制度運用開始からの累計   受付    2,541戸  交付    2,446戸

 

詳しくは、<国土交通省ホームページ>でご確認下さい。

 

<国土交通省HP記事抜粋>



 合板(ごうはん)の日 募集!!

 

木材・合板博物館は、合板の日を募集しております!!

 

◆開催趣旨◆

木材・合板博物館は日本で合板が誕生してから 100年目に当る2007年10月にオープンし、本年10月に開館3周年を迎え、来館者数は延べで26,000名と好評を維持しております。特に地球環境に貢献度の高い「合板」を今後より多くの方々に理解して頂くために、今般「合板の日」を設定する事と致しました。(因みに10月8日は「木の日」と定められております)

つきましては「合板の日」を広く募集致したく、設定の理由もあわせてご応募下さい。

当選者には、万円のギフト券と副賞をプレゼント致します。

たくさんのご応募をお待ちしております!

 

◆募集期間◆

H22.12月1日(水)~12月31日(金)

 

◆応募方法◆

1) 合板の日 (例:〇月〇日   理由:〇〇〇〇〇〇〇〇〇)

2) ご住所・お名前・会社名・電話番号・Eメールアドレス(お持ちの方)

※ 1)、2)必要事項を明記の上、FAXにてご応募下さい。

Eメールにてご応募の場合は、必ず件名に「合板の日応募」とご記入下さい。

 

◆応募先◆

特定非営利活動法人 木材・合板博物館

TEL:03-3521-6600  FAX:03-3521-6602

Eメール:info@woodmuseum.jp

 

◆特 典◆

当選者には、1万円のギフト券を副賞をプレゼントいたします。

※複数の場合は、抽選になります。

 

◆発 表◆

2月中旬に発表いたします。

 

go_kun

たくさんのご応募待ってます!

 

 

木材・合板博物館の詳しい情報は、下記URLよりご確認下さい。

 

木材・合板博物館

 

 



 国土交通省の社会資本整備審議会住宅宅地分科会(分科会長=越澤明・北海道大学大学院教授)は29日の会合で、「住生活基本計画」の見直しに向けた論点整理を議論。成果指標に、既存住宅の取引時やリフォーム時にインスペクションを受け瑕疵担保保険に加入した年間戸数等を新たに盛り込むなどとした。新たな基本計画は来年3月に閣議決定する予定で審議を進めている。

(2010.11.29)

 詳しくは、njs_logo.gif



お電話でのお問い合せはこちら(受付時間:10:00〜17:00)

052-689-5551